お茶の保存


開封したお茶は、直射日光が当たらない冷暗所で保存するのがベストです。お茶は、湿度、酸素、光(紫外線)、高温に弱く、誤った方法で保存するとすぐに劣化してしまいます。また、他の食品と一緒に保存すると、臭いが移りお茶本来の香りが損なわれます。気密性の高い容器に入れて、できるだけ早く飲みきることが大切です。


お茶の品質低下の原因には、大きく分けて
湿度・酸素・光(紫外線)・高温・移り香(うつりが)
の5つがあげられます。

★湿度
お茶の葉は、含水率3〜5パーセントまでに乾燥させた状態で出荷されているため、開封して放置するとたちまち湿気を吸収してしまいます。
水分含有量が増加すると、成分の酸化が促進され、茶葉の色沢・水色・香気のいずれにも極端な悪影響を与えます。

★酸素
酸素は葉緑素やカテキン、ビタミンCなどを酸化させるため、味や品質が劣化して栄養素が破壊されてしまいます。

★光(紫外線)
光に照らされてしまうと、葉緑素の分解を促進させるため、茶葉に含まれるクロロフィルという成分が変質し、色や香りが変わったりします。

★高温
高温下では葉緑素やカテキンが酸化するため、色沢や水色の褐変化が進み悪影響を与えます。

★移り香(うつりが)
お茶には、においを吸収してしまう性質があるので、密封されない状況で保存すると周囲のさまざまなにおいを吸収してしまいます。冷蔵庫で保存すると、冷蔵庫に入っている他の食品のにおいが移ってしまうのです。これを「移り香」と呼んでいます。

「未開封のお茶」と「開封後のお茶」の保存は?

★未開封のお茶
密封された袋に入っているお茶を保存する場合は、開封せずに冷蔵庫での保管をおすすめしています。冷蔵庫では温度や湿度が一定に保たれ、光などの影響を受けにくいためです。ただし、冷蔵庫から出してお茶を飲むときは、出し入れ時温度が急に変化するので、お茶の変質を早めます。冷蔵庫からだしても、しばらく置いて常温に戻してから、開封しましょう。お茶が結露で湿気てしまい、鮮度が落ちてしまいます。

★開封後のお茶
開封後のお茶は、気密性のある容器に入れ、涼しく、臭いの少ない所に置きましょう。冷暗所で常温保存をおすすめしています。冷蔵庫での保存は、冷蔵庫のにおいをお茶が吸収してしまったり、湿気を帯びる原因になるため、避けてください。



保存期間は?

賞味期限は、涼しい場所に保存いただいて、袋詰めから1年位です。(一部6ヶ月) また、冷凍庫に保存した場合、2年程度なら風味はほとんど変わりません。 ただ、いったん開封したお茶は、急速に劣化が始まりますので、移り香と湿気を避けるために茶筒に入れて、なるべく早く室温で2〜3数週間でお召し上がり下さい。