トップ ニュース ショッピング 特定商取引法 交通アクセス リンク









 
●おいしい水とは
 お茶をおいしく飲むには,水がおいしいことも大切な条件です。お茶を飲む水で最も最適な水には軟水質の水が一番です。なにしろ茶碗に入っている茶の99.6パーセントが水です。水しだいで茶の味も当然変わってきます。
 茶に適した水の条件としては,バランスのよいミネラルと,適度な硬度,Ph,炭酸ガス,酸素を含み,一方で有機物と鉄やマンガンなどの物質が少ないことです。日本の水道水はこれには合格ですが,近年不評を買っている原因はなんといってもカルキ(塩素)にあります。カルキが入っていると,なかなかおいしいお茶が飲めません。かといって,ミネラルウォーターならすべていいというわけではなく,外国産のものの中にはカルシウムが過度に含まれていて,茶には不向きなものもあります。
 表示をよく確かめてから選びましょう。
●水をおいしくするには
 水道水を使っておいしい茶を飲むには,まず水のカルキ臭さを消すことが必要です。ベストは,2,3分沸騰させてから適温にさまして使うことです。特に水のあまりおいしくない地域では,5分間以上沸騰させたほうが無難です。一方煮沸しない場合は,水を汲み置きしておくことをおすすめします。4,5時間もたてばカルキが消えます。
 また,最近では,浄水器の人気も高まっています。蛇口につけるものもあれば,浄水器ポットといって,自動湯沸かし装置付きの保温ポットタイプのものもあります。この場合でも,2,3回水を沸騰させてから使うのが理想的です。

葉は多め、氷で急冷!
急にお客様がいらしたときは

@急須に茶葉を少し多めに入れる。1人前は約5g(大さじ1)、3人前は10g、5人前 は15gが目安。

Aポットのお湯を注ぐ。少しぬるめの60℃程度だとやわらかな味と香りが楽しめる。 渋味が欲しければ80℃程度。注いでから約1分置くのが標準だが、好みによっては 置かなくても可

B厚手のグラスにウイスキーのオンザロックを作る要領で氷を数個入れる

C氷に伝わらせるようにグラスにお茶を直接注ぐ。お湯から出したお茶はゆっくり冷 やすと酸化するため、氷を使い急冷するのがコツ。


家族みんなで飲むときは
水100ccに緑茶を小さじ1杯(約2.5g)の割合で入れ、一晩冷蔵庫に入れて置けばでき上がり。すぐに飲みたいときは、お茶の色が出るまで10分間ほどかき回せばよい。


【成分を飲みつくす! お茶入れ方テクニック】

STEP1 「水出しのお茶」  水100〜150ml・茶葉10〜15g
   アミノ酸・テアニンがとれる甘みのあるお茶
茶葉10〜15gと10度以下に冷やした水100〜150mlを急須に入れ、冷蔵庫で15〜20分じっくりと出します。緑茶を低温で入れるとアミノ酸、テアニンが抽出されるので、甘みのある味わいになります。リラックスしたいときにオススメの飲み方です。

STEP2 「ぬるまゆ出しのお茶」
   カテキンが抽出される甘みと渋みの絶妙な味
ステップ1で使った茶葉に40度のぬるめのお湯を100〜150ml加えます。次はテアニンのほか、カテキンが抽出されます。カテキンはお茶の渋みの素となる成分なので、甘みと渋みの混ざり合った味が楽しめます。ぬるま湯出し茶は虫歯や生活習慣病の予防にも役立ちます。

STEP3 「熱湯出しのお茶」
   しっかりとした渋みで頭もスッキリ!カフェインがとれるお茶
最後に、ステップ2で使った茶葉の熱湯を100〜150ml加えて1分出します。熱湯を加えるとカフェインが抽出されますので、頭をスッキリさせたいときなどに適しています。また、むくみ解消に飲むのもよいでしょう。熱湯出しのお茶はしっかりとした渋みが特徴です。

昔は医薬品として高価なものであったお茶ですが、薬理的に有効で あるとわかったのは今世紀に入ってからのこと。 お茶にはたくさんの成分が含まれていますが、主なものとしては カテキン(タンニン)カフェインテアニンビタミンC、糖類、フッ素などがあげられます。これらの成分が複雑にからみあって様々な効果を発揮するのです。
その中でも、お茶独特のもの、あるいは多く含まれているものについて詳しく見てみることにします。

カテキン(タンニン)

これはお茶のいわゆる“渋み”を出す成分。カテキン自体はほとんどの植物に含まれています。有名なのは、ゲンノショウコなどから抽出して皮をなめしたり、下痢止めなどに使われていたもの。これは、カテキンにはタンパク質を凝固させて収斂(しゅうれん=縮める)作用を持つという働きがあるからです。しかし、お茶以外の植物に含まれているカテキンは、とても苦くて普通は口にすることはありません。渋柿のあの渋さ。あれもカテキンです。日照時間が長くなるほどカテキンは多くなります。玉露が甘いのは茶芽が伸びるときに被いをしますので、その分日照時間が短い、つまりカテキンが少ないからなのです。
お茶に含まれているカテキンには、4種類あります。
エピカテキン、エピガロカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキンガレートです。この中のもっとも優れものがエピガロカテキンガレート(EGCG)です。全体の50パーセントを占めていて、「抗酸化ビタミン」ともいわれておりビタミンEと比較してみても、エピガロカテキンガレートの抗酸化力は、「ビタミンEの約20倍」もあるといわれています。効果については次のようなものがあげられます。
抗腫瘍作用(発ガン抑制作用)
突然変異抑制作用
抗酸化作用
いわゆる「老化」の原因は、カラダの中の脂質が酸化することによっておこると言われています。この過酸化脂質の生成をタンニンが抑えてくれるのです。その効果は、なんとビタミンEの20倍というから驚きです。
コレステロールを下げる
血圧の上昇を抑える
血糖の上昇を抑える
抗菌作用
細菌などにすぐにくっついて抗体のような働きをします。また、細菌の細胞膜を壊すという働きもあります。一説には、植物に含まれている理由は、樹皮などの傷や虫などから守るためなのではないかとも言われています。
虫歯、口臭予防
胃腸の働きを整える
解毒作用
アルカロイドや一部の重金属と結合して、不溶解性物質を作る性質があります。
脂肪の代謝を活発にする
カラダの中にある酵素と結びついて脂肪を燃焼させます。

カフェイン

タンニンと違ってカフェインを含んでいる植物はほんの数種類。スイスの生理学者ルンゲが1820年にコーヒーの中から発見したのが最初だと言われています。また、1827年にはイギリスのウドリーがお茶の葉からも発見しました。カフェインは発芽と同時に出来はじめますので、時期が遅くなるにつれ含有量は少なくなっていきます。
効果は以下の通りです。

覚醒作用
中枢神経を刺激しますので、眠気をさましたり、運動能力を高めたりします。テアニンがカフェインの興奮作用を抑制してくれるので、コーヒーのように強い刺激にはなりません。昔は鉄板の上でお茶を強火で熱し、その結晶を頭痛薬として使っていたそうです。また、競走馬がスタートする前に、抹茶を食べさせていたという話もあります。
強心作用
利尿作用
強心作用によって血液循環が良くなると、腎臓や肝臓の働きが良くなり、尿量が増えます。また、利尿ホルモンの分泌を刺激するとも言われています。
疲労回復
カフェインによって大脳の動きが活発になるので、気分はすっきりしてきますし、カラダの機能も活発化します。

テアニン

お茶のうまみのもととなるのがこのテアニン。アミノ酸の一種です。
興奮作用を引き起こす活性アミンの働きをテアニンが抑えます。


ビタミンC

ビタミンCと聞くと果物や野菜を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は緑茶はビタミンCの宝庫なのです。100gあたり(高級茶の場合)の含有量は、パセリの2倍、イチゴの5倍もあるんです。しかも、緑茶に含まれるビタミンCは、熱湯で壊れてしまうこともありません。 これは、お茶の製法に関係があって、急激に蒸して乾燥している間に酸化酵素が破壊されるからなのだそうです。人間は、カラダの中でビタミンCを作ることができません。従ってどうしても外から補給しなければいけないわけですから、私たちにとってお茶は強い味方といえるでしょう。野菜の穫れない蒙古では、お茶の葉を団子のように丸めて携帯して食べていたということですし、中国でも船旅には必ず持っていって、ビタミンC不足による壊血病の予防をしていたそうです。効果についてはみなさんよくおわかりと思いますが、もう一度おさらいしましょう。
抗酸化作用
発ガン物質の抑制、肝臓の解毒作用
ストレス解消、疲労回復
血中コレステロールの減少、動脈硬化の予防
年齢を重ねるとともにビタミンCの貯蔵量は減っていき、動脈硬化が進みます。そうすると血液が凝固しやすくなって、脳や心臓に血栓を作り心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。
免疫力の増強
血管壁、皮膚などの組織を作る
コラーゲンの合成にはビタミンCがかかせません。コラーゲンには、体内にある60兆とも言われる細胞をつなぎとめる役割があります。つまり、コラーゲンが減ってしまうと、細胞が壊れやすくなってしまうのです。また、ビタミンCが不足すると血管がもろくなりますので、皮膚に艶もなくなってしまいます。